Nomad Surfer

第50話 Southern Californiaで1番のポイント Trestles!!

Movie by StrictlySurf,  Surfline, Text by Nomad Surfer

第50話 Southern Californiaで1番のポイント Trestles!!

今回はSouthern Californiaの王道、ASPのワールドツアーの会場にもなるTrestlesについて。

前回の話はこちら ⇒第49話 Funny Wave! The Wedge!!

スポンサーリンク

 

場所はこのブログで取り上げたHuntington Beachから約40分程度南下した場所にある。

 

 

今回グーグルマップでピン止めした場所がTrestlesでサーフィンをする場合の駐車場になる。

 

カールスJrを目印に、その横の無料駐車場に車を停めて、ビーチトレイルを20分ほど歩く。

 

一つ南のポイントSan Onofreに行けば海の前に有料駐車場があるので、そこに停めても良いがどのみち20分くらい歩く。

 

砂浜を20分歩くか、アスファルトを20分歩くかの違いだ。

 

このエリアは北から

Upper Trestles(アッパートレッスルズ)

Lower Trestles(ローワートレッスルズ)

Middles(ミドルス)

Church(チャーチ)

San Onofre(サンオノフレ)

 

となっている。

 

その中でもLowerはボトムが玉石のパーフェクトなAフレームの波。

 

周辺のビーチのBreak Typeの場所と比較しても、フェイスが広くとにかく乗りやすい。

 

夏の南スウェルで本領を発揮するSouthern Californiaの代表的なポイント。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinスポンサーリンク

 

波は極上。

 

だけど、残念ながらポイントブレイク。

 

どうしても混雑は避けられない。

 

何よりみんな上手い。

 

どうしてもLowerでサーフィンをしたければ波予報でPoor Condition(良くない)を出している時に行くか(それでも十分日本人にとっては良い波)、波が良い時は1つ南のMiddlesで入る方が気分良くサーフィンが出来る。

 

 

 

San Onofreまで南下すると、波質は大分変わりまるでワイキキの波のようになってしまう。

 

どっちかというとロング向け。というか、ロングボードのパラダイスみたいなところ。

 

ワイキキの様な地球がせりあがってくる感覚、地面がゆっくり盛り上がってくる感覚・・・

 

言葉で表現するのは難しいけど、ロングなら間違いなくSan Onofreに向かった方が良い。

 

日本人がCaliforniaにサーフトリップに行く際に必ずと言ってよいほど訪れる場所、Trestles。

 

南下する過程にOceansideやCardiffもあるけど、そこらへんはすっ飛ばして次回はサンディエゴ・Blacks Beachについて。

 

スポンサーリンク

 


人気ブログランキングへ

 

One thought on “第50話 Southern Californiaで1番のポイント Trestles!!

  1. Pingback: 第51話 Californiaで1番のBeach Break・Blacks Beach!! – Nomad Surfer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です