Nomad Surfer

第44話 カルフォルニアの女王・リンコンの波とは?

Movie by Morgan Maassen, Jeff Chavolla, Text by Nomad Surfer

第44話 カルフォルニアの女王・リンコンの波とは?

今回は前回のPismo Beachよりさらに90分ほど南下したところにあるRinconについて。

前回の話はこちら ⇒第43話 California Pismo BeachでのSurfin’!!

スポンサーリンク

 

RinconはPCHの83番で降りて海の方に曲がればすぐに駐車場が見えてくる。

 

 

駐車場からポイントまでは5分くらい歩く。

 

ちょっとした住宅街を抜けると目の前にマシーンブレークが突然広がる。

 

 

よくマリブなんかと比較されるけど、ポイントの雰囲気自体はこっちの方が男っぽい。(どんな?)

 

マリブは夏の時期がメインで、ポイント自体も陽気な雰囲気があってどっちかというとロングボード向き。

 

一転、ここは冬がシーズンで余程の好き物じゃないと寒流の冷たい海に入らないからだ。

 

普段は小さなマシーンブレークだが、うねりが入ると見た目以上にハードになる。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinスポンサーリンク

 

トム・カレンの出身地と言えば少しは伝わるだろうか。

 

 

とにかく、一度奥の河口から乗れたら手前のビーチまで一直線で波に乗れる。

 

一度だけ仕事の休みと”The Day”が重なり、上の動画で5:30~の波を当てたことがあるけど、こうなると周辺の猛者どもが集まってきて、中々乗れない。

 

乗れたとしてもひたすらインサイドのサーファーを避けながらのライディングになる。

 

それでも入る価値のあるポイントだ。

 

男っぽい雰囲気ではなく、やっぱり陽気にサーフィンしたい人は少し南下したマリブビーチをおすすめする。

 

次回はマリブビーチについて。

スポンサーリンク

 


人気ブログランキングへ

One thought on “第44話 カルフォルニアの女王・リンコンの波とは?

  1. Pingback: 第45話 カルフォルニア・マリブポイントの波とは?? – Nomad Surfer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です