Nomad Surfer

第9話 東台湾の波 - 完全にはずした~の巻 –

東台湾

2012年 2月

ちょっとした休暇ができたから、短いサーフトリップに行ってみた。

行き先は台湾かフィリピンで迷い、結局台湾へ。

オヤジサーファーは混雑が嫌いなので、台湾は台湾でもメジャーな南ではなく、東へ。

スポンサーリンク

 

結論から言うと、完璧にハズした・・・ 😥 

 

サーフトリップを題材にしているブログだから、良い写真をアップして楽しんでもらいたいところだけど、自然相手のスポーツだからこんなトリップもある。ま、しょーがない。  

 

東台湾と言えば、そこを開拓したのは日本人。その日本人が営んでいるのが、熱帯低気圧という名の宿。 台東でサーフィンするなら、この宿に泊まっておけば間違いないと思う。  

 

そして、その宿のオーナーもお手上げになってしまうほど、行った日取りが悪かった。(台東の天敵、北東風がビュービューだった) メインポイントの「河口」もぐちゃぐちゃ、「漁港」もダメ、「漁港裏」もダメ、「コーヒーショップ下」はダブル近い波があるけど、基本的にダンパー(そして、新しい板に亀裂が)・・・

結局、滞在中はほぼ毎日「E湾」までオーナーの淳さんが運転する車で送ってもらい、そこでサーフィンをした。

 

 

 

動画を見ても、風が強くてどうも波がイマイチになってしまっているのがわかる。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinスポンサーリンク

 

 

台東はほとんどのポイントがグーフィー。 オヤジサーファーは綺麗なグーフィーよりぐりぐりのレギュラーに突っ込む方が好きなタイプ・・・ もし、そんな方がいたら東台湾はおすすめしない・・・  

 

東台湾へのサーフトリップ、一言で思い出を語るなら良い出会いだったということ。

 

ここで出会った台湾に駐在中のSさんとは、偶然と必然が重なりこの後2つTripを一緒に行った。

 

相方は、ここでばったり高校の同級生と会って、一緒にTripをした。

 

オーナーの淳さんはファンキーで面白い。 そんな旅・・・      いつかまたリベンジしに行こうかな~

 

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

One thought on “第9話 東台湾の波 - 完全にはずした~の巻 –

  1. Pingback: 第12話 今度は雨期のロンボク島へSurf Trip – Nomad Surfer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です